レーザーポインターの上手な使い方は使う場所や状況も考慮しよう

大学の講義や会社でのプレゼンで大活躍しているレーザーポインターですが、使い方によっては見ている方が見づらいと感じる事もあります。
時代の最先端をいくアイテムですから使ってみたいという方も多いのですが、便利だからと言っていつでもどこでも使っていいかというとそういう訳でもないですし、何より良い使い方を知らないまま使ってはせっかくの発表が台無しになりかねません。

レーザーポインターの良い所を知って仕事を成功させてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

磁石が取れない!くっついて取れなくなった磁石の外し方

日常生活の中で様々な場面で使われており、便利な生活と切っても切れない関係なのが磁石です。磁石は鉄...

どんな時もメモ帳を持ち歩く方法とアナログのメモ帳が便利な理由

メモをしたいと思う瞬間は、突然起こる事ではないでしょうか。スマホは常に持ち歩く人が多いのでスマホ...

勉強の強い味方暗記ペン!使い方と効率的な暗記の仕方をご紹介

暗記が必要な勉強をする時にとても便利なのが暗記ペンです。たくさん覚えなくてはならない所がある時に...

写真をスクラップブッキングで整理するなら表紙も可愛く飾ろう

小さなお子様がいるご家庭ですと、何気ない日常の一コマをスマホで写真に収める事が多くなります。です...

受験生へのプレゼントはちょっとイイ文房具にしてみませんか

受験生が勉強をしている時というのは自分との闘いでもありますので、孤独を感じたりなかなか思うように勉強...

カッターの刃どうしてる?カッターの刃の上手な折り方と折る目安

小さい頃、カッターは危ないのでという理由で小学生になってもなかなか触らせてもらえず憧れのアイテムでし...

【シンデレラノート】ノート活用で明るい未来と女子力アップ

手の届く所にスマホがある現代ですと、ノートを使って何かを書くという事が少ないものですが、ノートを活用...

【卓上カレンダー】使い方を見直して仕事も私生活も充実させよう

いろいろな所で見かける卓上カレンダーですが、サイズが小さいので予定を書き込むというよりは日付を確認す...

ホワイトボードが汚い!ピカピカに復活させるための方法

何度も書いたり消したりすることのできるホワイトボードは会社の会議などでは欠かせなものです。最近で...

【無地ノート】無地ならではの魅力とメリットを生かした使い方

罫線などが付いていない無地のノートは、全てのページがまっさらで手に取るとわくわくしてしまいます。...

スポンサーリンク

レーザーポインターが活躍する場所

パソコンの画面をプロジェクターで出力して壁などに写しながら話を進める時などに大活躍するのがレーザーポインターです。

指し示したい所にレーザーを当てて赤や緑の点でここだよ、と強調するためのアイテムですが、使える場所は講義やプレゼンの場ばかりではありません。

手が届かない所を指し示したい時に使える

人前で発表する時に使うイメージがあるレーザーポインターですが、そういった場面以外でも使えるポイントがあります。

  • 例えば、暗い場所で注目してほしい場所がある時にはレーザーポインターは光で場所を教える事ができるので分かりやすく他人に説明する事ができます。
  • また、高い場所や触ると怪我をしてしまうなど手で触れられない場所を示したい時にも安全に場所を教える事ができます。

日常生活でも使える場面がある

例えばどこかの観光地に行った時、一緒に行った人に見てほしい場所があるのに遠くて「あそこ見て!あそこだよ!」とどう説明したらよいのか分からない時などにもレーザーポインターなら一発で相手に場所を伝える事ができたり、山登りに行った時など、いざという時に信号を送る事もできます。

このように自分の手の届かない所を相手に教えたい時に大活躍するのがレーザーポインターです。

レーザーポインターを使う時に気を付けたい点

レーザーポインターは便利なアイテムなのですが、使う時には使い方にも気を付けて使わなくては話を聞いている方が分かりづらく感じる事がありますので気を付けましょう。

レーザーポインターの動かし方

大学に行っていた時に、レーザーポインターを使う教授がいました。
最初はかっこいいと思って注目しましたが、レーザーポインターを目で追っているうちに目がちかちかしてきて講義に集中できなかったという経験があります。その教授は注目してほしい箇所を常にレーザーポインターでぐるぐると動かしてみたり、あちこちをちらちらと照射し続けていました。

こうなってくると講義と言うよりもレーザーポインターを目で追う事に集中してしまいますからせっかくレーザーポインターを使って説明していても、聞いている人は話に集中できない可能性があります。

説明している方も、レーザーポインターは手や指示棒と違って思っている一点をずっと挿し続ける事が難しいので強調するために手を動かし続けるのでしょうが、見ている方は大変だと感じる事もあります。

レーザーポインターの光は意外と強いので、使う時にはずっと点けない事やあまり動かしすぎないという事を意識して使うと良いでしょう。

レーザーポインターは使い方や状況を考えて使い分けよう

例えば、学校の先生が授業をする時に、黒板の文字を指し示したい時に使えるものを考えてみましょう。
小さな教室なら手や指示棒で説明する事が多いでしょうし、大きな講堂ではレーザーポインターを使う事が多いかもしれません。

指示するための道具の使い分け

必要な場所を指し示すための道具を使い分けを考える時に考慮したい要素は、話を聞く側である聴衆の人数と、話す場所です。

話す場所、部屋の広さが広くなって聴衆の人数が増えれば増えるほど、指し示す文字が大きくなったりして届かなくなる事が考えられますので、距離が近い順に、手、指示棒、レーザーポインターという順に考えると良いでしょう。

手を使って物を指し示す限界は10人程度と言われていますから、少人数での会議などでは手で十分ですが、手を使って人に何かを説明する時には、指先まで神経を集中させて指はピンと伸ばすようにして説明をしてください。

聴衆の人数が30人程度になってくると指示棒の出番です。

特にプロジェクターを使う時には手や指示棒ですと自分の体がプロジェクターの光をさえぎってしまいますので、立ち位置を考えて体がプロジェクターの光の邪魔をしないように考えて動くようにしてください。

30人を超えると必然的に大きな物を指し示すようになりますので、手が届かない事が多くなる事が予想されますのでレーザーポインターを使うと良いです。

レーザーポインターの上手な使い方のコツ

では、話を聞いている方が話に集中できるようなレーザーポインターの使い方とはどのようなものでしょうか。

レーザーポインターを効果的に使うために

レーザーポインターを使う時は使いどころをしっかりと見極める所から始まります。

レーザーポインターの光は人間の目にとっては意外と刺激が強いのであまり多用する事なく使う所と使わない所をしっかりと考える事が大切です。

ずっとレーザーポインターをつけっぱなしにしてあちこちを指し示しすぎたり、あっちを指したりこっちを指したり忙しい人がいますが、これは聞いている方の目が疲れてしまいます。

指したいところの中心部分を一点しっかりと照らすようにして、動かす時にはゆっくり、大きく動かし、丸で囲みたい時には大きな円を三回まで、という事を頭に入れておきましょう。

レーザーポインターは点で物を指し示します

対象物までの距離が大きくなればなるほど手ブレが激しくなってあちこちを指してしまう結果に繋がりますから脇をしめて動きをなるべく少なくすると聞いている方が疲れません。
レーザーポインターの使い方に慣れていない時には何度か練習してから使う事をおすすめします。

使い方を工夫すればレーザーポインターの使い方は無限大

レーザーポインターは便利なものですが使い方を押さえなければ逆効果になってしまいます。
ですが、使い方さえしっかり押さえれば発表する時の強い味方になる事も確かです。

レーザーポインターが指示棒や手と一番違う所は対象物に「直接触れずに」場所を教える事ができるという所にあります。

特にプロジェクターを使っての説明で好んで使われるのは、プロジェクターの光を邪魔する事なく対象物を指し示すことができるという点ですから、聴衆の視線を見てほしいものに集中させる事ができるという点です。

触れないで説明したい時に使うようにするのが正しい使い方

ですから、黒板やホワイトボードに書いた事を説明する時には指示棒や手の方が分かりやすいのかもしれません。

物を指し示す以外にも、レーザーポインターの光を床に当てると犬や猫はその光を追いかけて遊ぶのでペットと一緒に遊ぶ時に、使うという裏技もあります。
本当に飽きずに楽しそうに追いかけるので人間もあちこちを照らしてしまいますが、強い光が目に入ると危険ですから注意してください。

レーザーポインターの光の色は赤の他にも青や緑があります

赤い光のレーザーポインターが一般的で値段も安価なのですが、聞いている方にすると緑のレーザーポインターの方が見やすく目にも優しいという効果がありますので、レーザーポインターを多用する立場でこれからレーザーポインターを新調しようとお考えがあるのでしたら緑のレーザーポインターがおすすめです。

レーザーポインターは上手に使う事で話を聞いてくれる人により一層話を理解してもらう事のできるアイテムですから、使い方や使う状況をよく見極めてプレゼンを成功させてください。