手帳での予定管理には【蛍光ペン】で家族の予定も管理できる

自分一人だけの予定を管理するのなら赤と黒の二色で足りたペンの色も、家族が増えるとその分管理しなくてはならない予定も増えてしまうので必要な色が増えるものです。
手帳を使いこなしたい人は蛍光ペンがおすすめです。
特に家族の予定も把握して管理しなくてはならない場合や予定の種類がたくさんある人には、蛍光ペンは色のバリエーションも多いので使いやすいアイテムです。

学生の時、勉強する時に大活躍した蛍光ペンは強調したい部分に鮮やかな色を付ける事ができるので便利でしたよね。
手帳にも蛍光ペンを使って、予定の把握に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ママが自分と家族の予定を上手に管理できる手帳の書き方

自分と夫の予定の他に、子供の行事などまでも把握しなくてはならないママは頭の中が混乱してしまいがちです...

新入社員は手帳を活用しよう!自分と仕事に合った手帳の選び方

新入社員に関わらず仕事を覚えたり管理する時にはメモ帳の他に手帳があるととても便利です。手帳という...

なりたい自分になるために【手帳】を活用する方法をご紹介

生きているとああなりたいとかこうなってみたいと思う事があります。ですが、なりたい自分になる事を思...

手帳を上手に使いこなせない方必見、自分だけの手帳の作り方

一年の始まりや年度の変わり目に手帳を新調したり、自分の人生の節目、特に初めて社会に出る時などに気分も...

【手帳を可愛く】シールを活用して女子力の高い手帳にする方法

手帳を活用しているというだけでも女子の憧れの的ですが、もっと手帳を可愛く活用したい時には、小物を使う...

【手帳の上手なまとめ方】ルールは自分で決めて思考をまとめよう

手帳を開いても案外書く事が無くて、周りの人は手帳に一体何をまとめているのだろうと気になった事はありま...

資格試験に向けた勉強はノートだけじゃなく手帳も駆使しよう!

社会人になると、携わる仕事に合わせて資格の取得を考える事も少なくはありません。しかし、仕事をしな...

資格試験は手帳で制す!勉強もしっかり管理して夢を掴もう

試験勉強はいつの時代も楽なものではありません。特に、資格取得を目標とする勉強では一発合格を目指す...

【手帳活用術】予定の他にもスタンプを活用して手帳を充実させる

手帳を使う時、こんなページがあったら、こんな事が書き込める場所があったらいいのにと思いながら使ってい...

せっかくの手帳を無駄にしない!手帳を最大限に活用する方法

せっかく手帳を買ったのに、使う用途がスケジュール管理だけではページが余白だらけでもったいない物です。...

【スケジュール帳活用法】書き方で変わる社会人女子の日常

スケジュール帳を買っても書き方が分からずに一年が終わってしまうのは、時間を有効に使いたいという面から...

スポンサーリンク

手帳に蛍光ペンがおすすめの理由

手帳に蛍光ペンがおすすめな理由はいくつかあります。

太さ濃さ共に文字の邪魔にならない蛍光ペン

蛍光ペンは書かれている文字の上をなぞって使う事が多いかと思います。
すると書かれてある文字が目立つようになるので、勉強の時には大切な所を強調するために蛍光ペンを使う事も多いのですが、手帳でも蛍光ペンは大切な予定を強調するために重宝します。
マンスリーページに一か月の予定を書き込む時、大切な予定を書いた枠を蛍光ペンで囲めば太さもちょうどよく書きやすい上に予定が目立ちやすくなります。

また、予定を管理する時「〇日から〇日まで」と日付の範囲を指定する事はありませんか。
そうした時私はマンスリーページの日付に矢印を引いて範囲を示すのですが、黒いペンで矢印を引くよりも蛍光ペンを使って矢印を引くと手帳が華やかになります。

私の場合には子供が三人いますので、子供によって色を決めて管理する事で予定が分かりやすくダブルブッキングしてしまう事を防げるようになりました。
既に黒いペンで線を引いてある場合でも上からなぞって色分けできるので大変便利です。
蛍光ペンは色のバリエーションも様々ですから、家族のイメージカラーや予定の種類など、自分の好きなように色分けする事ができるので手帳に予定を書き込むのが苦ではなくなるのも良い点です。

進化し続ける蛍光ペンは手帳でも活躍

蛍光ペンの色については、たくさんあり、私が持っているのは100円ショップで6色1セットで売られているものです。
これは一般的な蛍光ペンですが、文房具界には進化した蛍光ペンが続々と出て来ていますので、文具屋さんに出掛けてみてはいかがでしょうか。

蛍光ペンも進化している

書いてあることを目立たせるための蛍光ペンですから、色も目立ちやすい鮮やかな蛍光色で、黄色やオレンジなどはずっと使っていると目がちかちかしてしまうという人もいらっしゃるかもしれません。
日々文房具も進化していて、中には色味が抑え気味の優しい色の蛍光ペンも登場しています。
明るさが押さえられているので色が目に入ってきた時にも、そこまで刺激的ではありませんし、蛍光ペンのように文字をなぞった時にも、強調したい文字をしっかりと目立たせる事も可能です。

蛍光ペンで囲った手帳と比べると手帳全体の色使いが落ち着きますので、プライベートで使う時はもちろんの事、仕事で使う手帳で人前に手帳を出す事が多い方でもシックに使いこなす事ができます。

文具屋さんでも売られていますし100円ショップでも見かけたことがありますので、蛍光ペンを使うと目がちかちかしてしまう方は一度チェックしてみてください。

蛍光ペンだけどシックなグレーは様々な場面で使えます

「蛍光」というと、ネオンカラーをイメージするので、グレーのペンが「蛍光ペン」と言えるのかというと疑問ですが、蛍光ペンの仲間で色がグレーのペンが手帳に使えるのでご紹介します。

シックなカラーの蛍光ペン

グレーの蛍光ペンと言うとどんなものかと文房具好きの私は興奮してしまうのですが、色はメーカーによっても様々ですが、イメージ的には薄墨のような色です。
グレーで大切な予定を強調できるのか疑問がわく方もいらっしゃるかと思いますが、グレーというのがポイントなのです。

マンスリーページなどで枠を囲んで目立たせたい時には黒だと濃すぎて、たくさん囲むとなんとなくページの印象が重たくなってしまいますが、グレーなら程よく目立って周りと調和します。

蛍光ペンと同じようにラインを引く事ができますから、予定を書く時には色分けしたペンを使って書き、その上にグレーでラインを引くと目立つけれどシックな雰囲気になり、大人の手帳を演出できます。
手帳の中身をあまり派手にしてごちゃごちゃにしたくない方にはグレーの蛍光ペンが重宝するでしょう。

家族の予定を手帳で管理するなら蛍光ペンが便利

私は今まであまり手帳の必要性を感じながら生きてきたことのない人間なのですが、子供が小学生と幼稚園になった時に初めて自分の予定の他に子供の予定も把握できるようにしておく必要があると感じました。
子供が同じ小学校や幼稚園にいても、年齢が違うと予定も全く変わるので手帳が無くては把握しきれなくなってきました。ただ予定を書き込んでいてもどれが誰の予定かという事が一発で分からなくては予定の立てようがなく、困っていた時に現れたのが蛍光ペンというアイディアでした。

蛍光ペンを使えば書き込むことを減らせる

手帳のサイズにもよりますが予定を書き込む場所にあれこれと細かく書きすぎるととても見づらくなります。
ですから、予定を分かりやすく一言で書き込んだら、それぞれの色の蛍光ペンでその予定の上にラインを引きます。

例えば、長女の参観日があるとしたら、参観日とだけ書いて長女の色の蛍光ペンで上をなぞっておくとシンプルにその日の予定を表す事ができるのです。

手帳の予定表は自分だけが分かればよいので他人に分かりやすいように書き込む必要は無い、と割り切って自分ルールを制定しましょう。

これで大分予定の管理がしやすくなり、見た目も可愛らしい予定表を作れるようになったので楽しみながら予定の管理をしています。

蛍光ペンを手帳で使う時に考えたい事

自分自身で手帳をよく使うようになって感じた事なのですが、手帳とペンの相性について考えたことはありますか。

蛍光ペン以外にも言える事なのですが、手帳に使われている紙とペンの相性はそれぞれ異なります。
去年までの手帳には問題なく使えたペンでも、手帳を変えたらインクが裏写りしてしまったという事もあります。
実際に書いてみなくては分からないという事もありますから、手帳のためにペンを新調するのでしたら、手帳を持ってペンを買いに行くことをおすすめします。

手帳に蛍光ペンを使って予定などを書き込むと予定が分かりやすくなる事をご紹介してきましたが、手帳にも様々なタイプがあって、時間軸が書かれている手帳もあります。

手帳には予定だけではなく、実際にどのように過ごしたのかを時間軸に書き込むと何にどのくらいの時間を費やしたのかという事が分かりやすくなりますから、自分の目標がある方などには蛍光ペンを使って、色分けをして時間を管理すると目標に向かって頑張りやすくなるという使い方もあります。

蛍光ペンと手帳を合わせると自分の事が色々と分かって楽しくなりますのでぜひお試しください。